質問は承認のチャンス

よい質問は、よい答えを引き出します。

そして、クラスの方向性を決めていきます。インストラクターが一方的に講義をしないためにも、質問の技術をマスターしましょう。

まずは正解を教えないで、参加者に気づかせるようにします。

そして正解であったら、まさに承認のチャンスなのです。

「正解です」「そのとおりです。いい答えを導きだしましね」など承認します。

自分が答えたことが正解だったらその後も覚えているものです。

私は、ヒントを出しても答えは言わず、常に参加者自身から正解を引き出すようにしています。

同じ立場の一人の参加者が答えられた、そして私の答えと同じだった、というような参加者どうしの影響も副次的効果としてあるからです。

じっと答えが出るのを待つのは、ちょっと我慢が必要ですが、試してみてください。

もし正解が複数であるような場合は、まさに深い学びにつながります。

「他にはいかがですか?」「他の方の意見もお聴きしたいのですが・・・」「他には?」と言ってみましょう。

【JMAMメールマガジン】

人材育成支援事業の情報や無料セミナーなどの情報をお届けしています。
登録された方は、資料を無料でダウンロード頂けます。

新規登録

関連記事

各社人材開発実践企業事例

  1. 日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4