発声のための呼吸法の基本

人前で話すためにはしっかりと声を出す必要があります。

そのためには長時間話しても疲れない、しかも無理のない発声のための呼吸法を身につける必要があります。

それが腹式呼吸です。

腹式呼吸で声を出すときの感覚ですが、のどから声を張り上げるようにして出すのではなく、横隔膜の運動を利用して腹から声を押し出すという感じです。

呼吸の練習方法1

(1)ゆっくりと肺の中がいっぱいになるまで息を吸う

(2)ゆっくりと静かに息を吐く

呼吸の練習方法2

(1)できるだけ早く肺がいっぱいになるまで息を吸う

(2)ゆっくりと静かに息を吐く

呼吸の練習方法3

(1)できるだけ早く肺がいっぱいになるまで息を吸う

(2)10~15秒間息を止める

(3)ゆっくりと静かに息を吐く

発声のための呼吸法の基本

【JMAMメールマガジン】

人材育成支援事業の情報や無料セミナーなどの情報をお届けしています。
登録された方は、資料を無料でダウンロード頂けます。

新規登録

関連記事

各社人材開発実践企業事例

  1. 日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4