アンカーをつくる

笑顔で話し始めるためには、自分の「最高の状態」(自信が持てる良い体験、経験)に気持ちをつなげると効果的です。

そのために、好ましい状態(「堂々としている」「おちついている」「リラックスしている」)に結びつけるためのスイッチを体に作ります。

このことをアンカーをつくる(アンカリング)といいます。

アンカリングの手順は次のとおりです。
①静かに、リラックスできる場所を選びます。

②あなたがやる気に満ちて、自信にあふれる、とてもリソースフルな出来事を思い出してみてください。

③そして、深呼吸しましょう。

そのときに戻って、そのリソースフルな体験を、あたかもいま実際に体験しているかのように想像してみます(目を閉じて、ありありと再現してみます)。
何が見えますか?

何が聴こえますか?

どんな感じがしますか?
④最も感情を感じるピーク直前になったときに自分で「ポーズ」を決めてセルフアンカリングをします。

⑤ブレークステート(中断)します。深呼吸をします。

伸びをするなど身体を動かしてリソースフルな状態から、気分を切り替えて、ふだんの意識状態に戻します。

⑥もう一度、同じことをします。

先ほどのリソーフルな出来事を思い出してみてください。

そして、深呼吸しましょう。

 

そのときに戻って、そのリソースフルな体験を、あたかもいま実際体験しているかのように体験してみます
(目を閉じて、ありありと再現してみます)。

何が見えますか?

何が聴こえますか?

どんな感じがしますか?

 

⑦十分に体験できたら、さきほど決めた「ポーズ」をして、アンカーを発火させてみます。

⑧今度は、「ポーズ」をするだけで、アンカリングが発揮されるか、試してみます。

ポーズをとるだけでアンカリングが発揮されるまで、繰り返してください。
アンカリングは、自分独自のポーズを決めたり、または、自分の身体(腕・指・耳など)に触れてアンカーポイントを決めたりして行ってください。

 

アンカリングの手順

【JMAMメールマガジン】

人材育成支援事業の情報や無料セミナーなどの情報をお届けしています。
登録された方は、資料を無料でダウンロード頂けます。

新規登録

関連記事

各社人材開発実践企業事例

  1. 日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4