研修ゲームを進めるうえでの留意点

研修ゲームを活用するにあたって留意することは、
ゲームの内容を良く理解したうえで、研修の目的に合ったゲームを選択し活用することです。

ゲームの選択を誤ったり、活用や運営の仕方を間違うと、期待した気づきが得られないなど研修効果が不十分なまま終わってしまいます。

 

フィードバックも、捉え方によっては遊びの要素がクローズアップされ、面白半分や興味半分になってしまうことがあります。

インストラクターが、参加者が気づいたり学んだことの一般化と実務への適用について的確にコメントをしないと、ただ面白かっただけという結果に終わり、研修効果には程遠いといわざるを得ません。

 

研修ゲームは行動科学に理論的背景があります。

したがって、インストラクターは的確なコメントを行うためにも、行動科学についての基本的な知識を身につけておく必要があります。

 

【JMAMメールマガジン】

人材育成支援事業の情報や無料セミナーなどの情報をお届けしています。
登録された方は、資料を無料でダウンロード頂けます。

新規登録

関連記事

各社人材開発実践企業事例

  1. 日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4