このブログについて

はじめに

このブログは、「日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)」が運営する人材開発の強化書ブログシリーズの1つです。

日本能率協会マネジメントセンターは、「人材の育成を支援」しています。
1人ひとりが立場や役割に応じた「基本」を身につけ、自らの価値を高めることができれば、組織としての力は最大化します。
ビジネス環境がどんなに変化しようとも、人づくりこそが経営の礎。常に「基本」を大切にしながら、人づくりを全力で支援しています。

「社内インストラクターの強化書」について

はじめて研修を行うことになったとき、あなたはどうしますか?

研修の参加者との新しい出会いに期待をふくらませたり、その一方で様々なことを考えて不安になったりするかもしれません。誰でも初めてのときは期待と不安が入りまじった感覚になるものです。そして、多くの人は期待よりも不安の方が大きいかもしれません。

このブログでは、社内インストラクターを担当する方を対象とし、大きく分けて、次の3つの内容で構成されています。

(1)研修の参加者と良好な関係をいかにつくりあげるか
(2)参加者に理解してもらうよう、いかに効果的に研修を進めるか
(3)効果的な研修プログラムをいかに組み立てるか

インストラクター初心者から管理職の方まで

初めて社内インストラクターを担当する方に、必要な基本知識を得られるとともに、インストラクターの経験者や管理者にさらなるレベルアップに役立つ情報を発信していきます。

インストラクターが研修中に行うことを中心に書いていますが、その本質はコミュニケーションそのものなのです。

研修の参加者を部下に、インストラクターを管理者自信に置き換えてみた時に、自分自身が部下とどのようにかかわり、どのようにコミュニケーションをとっているか振り返る視点が盛り込まれています。

このブログを通して、社内インストラクターとしての自信のようなものがついた感覚を覚えるに違いありません。
自分自身のことについて準備ができたら、参加者に強い関心を向けてあげましょう。そのような気持ちで研修に取り組んでいただければ、ブログで学んだことが研修の最中に言葉や動作として自然に出てきます。

社内インストラクターが使えるツールのご紹介

映像教材・教育教材

関連ブログ

bnr_hrmdep-1

各社人材開発実践企業事例

  1. 日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4