アーカイブ:2016年 10月

手の位置

手は体の横に自然に下ろしておくことを基本とします。これにより、さまざまな動作がスムーズにできるようになります。 手を前に組む人がいますが、手を前に組むと肩幅が狭くなり、体が小さく見えたり、場合によっては卑屈な印象を与えてしまうこと…

詳細を見る

アイコンタクトの留意点

アイコンタクトを行うときの留意点は以下のとおりです。 1)相手に顔と体を向けて3〜5秒アイコンタクトを行います。このとき、しっかり止めてください。慣れないときは一秒程度で視線をそらしてしまいがちです。これでは相手からすると自分が無視さ…

詳細を見る

発声のための呼吸法の基本

人前で話すためにはしっかりと声を出す必要があります。 そのためには長時間話しても疲れない、しかも無理のない発声のための呼吸法を身につける必要があります。 それが腹式呼吸です。 腹式呼吸で声を出すときの感覚ですが、のどから声…

詳細を見る

アイコンタクトの仕方

アイコンタクトとは視線を合わせることですが、単に視線を合わせるというのではなく、意思を通じ合わせるという気持ちになることが大切です。 たとえば、相手に何かを訴えたいという気持ちを持っている場合、必ず相手の目を見ているはずです。 …

詳細を見る

各社人材開発実践企業事例

  1. 日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4