研修ゲームを進めるうえでの留意点

研修ゲームを活用するにあたって留意することは、 ゲームの内容を良く理解したうえで、研修の目的に合ったゲームを選択し活用することです。 ゲームの選択を誤ったり、活用や運営の仕方を間違うと、期待した気づきが得られないなど研修効果が不…

詳細を見る

研修ゲームの進め方の基本

研修ゲームは基本的に次のように進めます。 (1)オリエンテーション 最初にゲームの目的を説明します。そのあとゲームの課題、ルール、時間、注意事項などを伝えます。 (2)ゲームの実施と観察 &n…

詳細を見る

研修ゲームの種類

研修でよく使用するゲームを目的に沿って種類分けすると以下のようになります。 (1)導入(アイスブレーキング)のためのゲーム アイスブレーキングは文字どおり「氷を砕く」ということです。 つまり硬い雰囲気を壊して雰囲気を和らげることを…

詳細を見る

研修ゲームの特徴

研修ゲームは、仕事で実際に起こりうる事柄をゲームという形で体験し、そのような状況での対応の仕方を学ぶための技法です。 つまり、講義を中心とする知識学習ではなく、行動科学に基礎を置く技法の1つで、体験を通して学んでいく体験学習です。 …

詳細を見る

ロールプレイングが有効であるとき

ロールプレイングは、実際感を持って体験してほしいときに効く技法です。 「やってみて、気づくことがたくさんあった」「わかっているとできるは違う」 「こういうやり方もあるんだと他チームの発表を観て気づくことがあった」…

詳細を見る

ロールプレイングに対するコメント

経験を通じて学ぼうとすれば、その経験を振り返る必要があります。 実習が終わったあと、実習したことを分析、検討することで、多面的に見ることができるのです。 (1)観点 ・どの点がうまくいったか? どのようによかったか? それはなぜか? …

詳細を見る

ロールプレイングの手順

ロールプレイングの手順と要領を見ていきましょう。 (1)第一段階 目的と役割分担を決めます。 第一段階は、次の2つの段階に分けて考えるとよいでしょう。 ①問題の想定 目的—場面—役割を明らかにして役割を決めます。 …

詳細を見る

ロールプレイングの目的と特色

ロールプレイングとは、役割演技法(役割演技による体験により自分を知る)のことです。 明るく仕事を進めるうえで必要な基本動作や、態度、知識、技術を全身で表現し、その訓練を通して「自分」を知り、「人間」を学ぶ、「体験学習」といえます。 …

詳細を見る

クロスグループインタビュー

2017.04.17

クロスグループインタビューは発表のやり方のひとつです。 これまで述べてきた発表方法は、発表者や発表するグループが前に出てくる方法でしたが、クロスグループインタビューの特徴を一言でいうと、「全員が参加し、同時並行で行う発表のやり方」とい…

詳細を見る

グループ討議を行ううえでの留意点

2017.04.10

グループ討議には、参加者が主体となって進めるという特徴があります。 この特徴があるために押さえておくべき留意点があります。 特に司会者がリーダーシップを発揮できないと討議が盛り上がらなかったり、最悪の場合は討議の課題が達成できないことに…

詳細を見る

各社人材開発実践企業事例

  1. 日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4