カテゴリー:ロールプレイングの進め方

ロールプレイングが有効であるとき

ロールプレイングは、実際感を持って体験してほしいときに効く技法です。 「やってみて、気づくことがたくさんあった」「わかっているとできるは違う」 「こういうやり方もあるんだと他チームの発表を観て気づくことがあった」…

詳細を見る

ロールプレイングに対するコメント

経験を通じて学ぼうとすれば、その経験を振り返る必要があります。 実習が終わったあと、実習したことを分析、検討することで、多面的に見ることができるのです。 (1)観点 ・どの点がうまくいったか? どのようによかったか? それはなぜか? …

詳細を見る

ロールプレイングの手順

ロールプレイングの手順と要領を見ていきましょう。 (1)第一段階 目的と役割分担を決めます。 第一段階は、次の2つの段階に分けて考えるとよいでしょう。 ①問題の想定 目的—場面—役割を明らかにして役割を決めます。 …

詳細を見る

ロールプレイングの目的と特色

ロールプレイングとは、役割演技法(役割演技による体験により自分を知る)のことです。 明るく仕事を進めるうえで必要な基本動作や、態度、知識、技術を全身で表現し、その訓練を通して「自分」を知り、「人間」を学ぶ、「体験学習」といえます。 …

詳細を見る

各社人材開発実践企業事例

  1. 日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4