カテゴリー:インストラクターの役割と心構え

予期せぬことも研修効果につなげる

研修ではさまざまな予期せぬことが起こります。 私が担当する3日間の社内インストラクター養成研修のときのことです。 事前に12人が参加すると伺っていたのですが、初日の朝、事務局の方から「先生、申し訳ございません。 どうしても…

詳細を見る

研修参加者が持つ「3つの不安」

さて、研修参加者はどんな気持ちで会場にやってくるのでしょうか? 一般的に大きく3つの不安を持っているといわれます。 これらを取り除くことは、意欲的に研修に取り組んでもらうという点でとても大切なことです。 (1)インスト…

詳細を見る

インストラクターの心構え

インストラクターの仕事は、人に関わる仕事です。 祝福の気持ち、感謝の気持ちを持ち、それを素直に表現できることをベースとします。 参加者を歓迎し、受け止めるために何ができるか。 常にこれを考え抜くことで、研修は必ず良い方向に…

詳細を見る

インストラクターの役割

インストラクターとは、「あるべき姿とベクトルを示し、全員が課題達成できるように側面から支援する人」のことです。 インストラクションとは、自分の持っている知識、技術を効果的に学習者に理解させ、自発的な「やる気」を育てる全プロセスをいいま…

詳細を見る

各社人材開発実践企業事例

  1. 日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4